民主党埼玉県連第18回定期大会

0
    本日、民主党埼玉県連の第18回定期大会が開催されました。

    (中心で「ガンバロー」を実施)

    民進党になることが決定している今、民主党としては

    最後の大会です。

    長年続いたこの民主党の名前がなくなってしまうことに

    寂しさを感じながら参加をしていました。

    しかし、大会の最後この私に民主党県連最後の「ガンバロー」の大役を頂き

    音頭をとらせていただきました。

    民主党最後の「ガンバロー」を魂を込めて実施し(みごと成功?)

    気持ち晴れやかに、前に進みます!

    まさに民進党でも「ガンバロー」!

    (民主党としての記念撮影)

    党名決定!『民主党』から『民進党』へ

    0
      本日、党名が民主党から民進党へ変わることが、決定しテレビで報道がされました。

      立憲民主党か?民進党か?この2つが最終候補にあがり、

      検討がなされていましたが、結果は先に書いた通りになりました。

      個人的には、立憲民主党が良いと思っていたので、正直なところ

      ちょっと残念ではありますが、気持ちを切り替え

      いや、気分を新たに民進党の一員として活動をしていきたいと思います。

      もちろん『名前』はとても大事でありますが、それ以上に大事なのは『中身』

      つまり 党のあり方、もうすこし具体的にいうのであれば

      『考え方』『行動』、そして今までの反省を活かし

      『どこまで本気で国民と向き合えるか?』ということだと思います。

      党名が変更されても、対して支持率に変わりはないという人もいますが、

      私は違う視点からそうは思いません。

      どう評価してもらえるかを考えるより

      自分たちがどう変わるのか?ということを追及していければ

      周りの評価はいずれ変わってくるはずです。

      だから党名変更は、再スタートの大きなチャンスであると考えます。

      そこで『私はやるぞ!」と大声を出して言いたい!

      ぜひ民進党にご注目ください!

      細川律夫元厚生労働大臣の旭日大綬章受賞祝賀会

      0
        本日は、細川律夫元厚生労働大臣の旭日大綬章受賞祝賀会が

        開催されました。

        (細川律夫元厚生労働大臣と洋子夫人ととりました)

        (野田前内閣総理大臣です)

        (菅直人元内閣総理大臣です)

        (挨拶をする高橋務市長です)

        (祝賀会の様子です。人でいっぱいです)

        (入口でとりました)

        次の方をはじめ多くの国会議員や地元でお世話になった方々が

        数多くあつまり、盛大に行われました。

        その数400人にはなったでしょうか?

        とにかくものすごい数の人でしたね!

        菅直人元内閣総理大臣
        野田義彦前内閣総理大臣
        岡田克也民主党代表
        上田清埼玉県知事
        高橋務越谷市長

        2人の元首相が来たこともあって

        警備は厳重で、はじめはちょっと重々しい

        雰囲気がありましたね!

        皆さんが口をそろえて言うのは

        細川さんの国会議員としての人望の厚さ

        そして調整能力の高さです。

        地元にいても細川さんの人としての素晴らしさは

        わかりますが、

        これだけ多くの人に、心から愛されている政治家も

        めずらしいのではないか?と思いますね!

        細川元厚生労働大臣をはじめ奥様の洋子さん

        本当におつかれさまでした。

        また残った私たちが細川さんの政治家として残してくれたものを

        しっかりと受け継ぎ、これからも活動していきたいと思います。

        3区支部長決まる!(民主党埼玉県連常任幹事会の開催)

        0
          本日、民主党埼玉県連常任幹事会の開催され

          細川律夫元厚生労働大臣引退後に不在だった3区(越谷・草加)の

          支部長が決定をしました。


          (山川ゆりこ埼玉3区支部長です)

          支部長になったのは、山川ゆりこ埼玉県議会議員です。
          (草加の選挙区です)

          山川議員はすでに県議4期目で豊富な議員経験がありますし

          そして女性の社会活躍を目指す民主党としては、

          なんとしても女性の議員を増やしていきたいという狙いもあります。

          参議院と衆議院の同時選挙もささやかれる中

          やっと私たちも先頭を走る指揮官が決定しました。

          しっかりと民主党の政策を訴え、これからも活動を頑張って

          山川衆議院選挙候補予定者を盛り上げていきたいと思います。

          みなさん、ぜひ山川ゆりこ県議にご注目ください。

          民主党埼玉県連 新春の集い

          0
            本日、民主党埼玉県連主催の新春の集いが開催されました。

            (挨拶をする大島代表です)

            (民主党埼玉県連が公認している大野もとひろ参議院議員です。)

            多くの来賓を招き、激励のお言葉を頂きました。

            苦しい時こそどのようにそれに耐え、そして挽回していくのか?

            そんなことを政権を降りてからずっと求められています。

            だから今は実直な努力しかありません。

            しっかりと前を向いて頑張っていきたいですね!

            そしてそれには今年の夏に行われる参議院選挙に勝たなければ

            なりませんね!

             

            民主党埼玉県連常任幹事会

            0
              本日、民主党埼玉県連の常任幹事会が開催されました。

              私は、現在3区総支部選出の常任幹事のため出席をしています。

              すでにネットのニュースにも出ているので、書きますが

              そこでは埼玉9区の総支部長の方についての議論が行われました。

              内容については、書くことは控えますが

              かなり緊張感のある会議になったことは事実です。

              そして、政治家が自分の進路(出馬する場所や国、県、市など種別)を

              決めるということはある意味大きな決断であり勝負です。

              私自身、改めて、そうした重みを知った会議になりましたね!

              女性のための政治スクールの開催

              0
                本日、民主党主催による「女性のための政治スクール」が

                草加市アコスホールで開かれました。

                (講演する山尾しおり衆議院議員です)


                (託児所も用意しました。うちの次男も遊んでもらいました)

                山尾しおり衆議院を迎え、

                女性の暮らし、子育ての未来について〜民主党はこう守る〜

                という題名にて、講演が行われました。

                山尾しおり衆議院のプロフィール下記のとおりです。
                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                ・昭和49年7月24日生
                ・小6、中1の多感な時期に初代「アニー」を演じる
                ・東京大学法学部卒 元検事官
                ・衆議院議員(2期目)
                ・党役員室次長、男女共同参画推進部事務局次長
                ・4歳の息子の子育て中
                〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                山尾議員は、議員になる前は検事だったのですが、

                犯罪が起きてしまった後の対処より、犯罪が起こってしまった原因や

                背景、社会情勢を少しでも良くしたいというようになったことから

                政治家の道を選んだということです。

                さらには、民主党に入党した理由として

                政治が「自己責任」を最初にいったら終わり

                ある党は「自助」や「自己責任」を全面に打ち出すが、
                (もちろん自己責任は存在するが)

                政治はそこをどう変えていくかが重要であり、

                その部分を追及しているのが民主党だから

                というような説明がありました。

                そして、今は、貧困の連鎖を断ち切る活動や、性犯罪の対応

                子育て環境の拡充などを実施している話がありました。

                山尾しおり衆議院議員の話を聞くのは、初めてでしたが、

                とても新鮮でしたね!

                また民主党の議員であることの誇りを

                ここまで堂々という方にも久々にお会いした気がします。

                こういう議員が多くなれば、また民主党も躍進するでしょう!

                ないものを嘆くよりも、素晴らしいところを主張する!

                わたしも、ちょっとこんなことを心掛けていきたいですね!

                参議院議員 大野もとひろと語る会に参加する

                0
                  本日、春日部で、参議院議員 大野もとひろと語る会が開催され

                  参加をさせていただきました。

                  (集会の様子)

                  最近では大野もとひろ議員の得意分野である安全保障の話が

                  多かったのですが、本日は費税の話からエネルギー事業についてまで

                  幅広いお話をお聞きしました。

                  特に印象に残った点としては下記のような話が聞けたことです

                  ・大野もとひろ参議院議員は基本的政治信条として
                  「今、この法案を成立させたら、何人の人を救えるのか?」ということを
                   常に考え行動している

                  ・エネルギーは産業革命以降 [⇒価格⇒0汰粥Υ超
                   という形で順を追って求めてきたが、今の日本は
                   3.11以降 銑すべてを追い求めなければならないという難しい局面にいる

                  ・日本は世界の各国と比べて高い値段で石油(原油)を買わされている

                  ・石油(原油)の値段は経済よりも政治情勢で値段が変動することが多い

                  ・以前のアメリカからの軍事的要望(ガイドライン)は下記4点であり
                   集団的自衛権は含まれていない
                   ・サイバー
                   ・宇宙
                   ・BMD(ミサイル)
                   ・海洋

                  この大野もとひろ議員の話の上手さにはいつも感心させられます。

                  難しいことを、限られた時間の中で、わかりやすく丁寧に説明する技術には

                  いつも勉強することが多く、大変参考になります。

                  私も、大野議員をみならい、政治家として話し方のレベルを

                  もっともっと向上させていただきたいですね!

                  民主改革さいたま市議団主催「若者政策ワールドカフェ」に参加

                  0
                    本日、民主党のさいたま市議会議員が中心の会派

                    民主改革さいたま市議団が主催となって開催した

                    「若者政策ワールドカフェ」に参加をさせていただきました。

                    (司会を務める三神さいたま市議会議員です)

                    (ワールドカフェの様子です)

                    テーマは下記2つにのとっての開催です。

                    【テーマ1】 18歳選挙いよいよ実現、さあどうしよう!
                    【テーマ2】 若者にとって商店街とは?

                    細かい報告は、民主改革さいたま市議団からあると思うので

                    そちらを参考にしてほしいと思うのですが

                    テーマ1についてだけすこし触れると

                    ・政治と一般市民の感覚が離れていること
                    ・どこにいくと議員にあえるのかわからない
                    ・どう政治と関わっていいのかわからない
                    ・投票行為は環境、特に親の教育の影響が強い
                    ・投票環境をもっと整えてほしい(臨時の投票所なや電子投票など)
                    ・マニフェストの実行具体の報告がない
                    ・日本の政治家はアメリカの政治家に比べて熱意が足りない
                    ・政治で使われている言葉がむずかしい

                    などなど様々な意見を聞くことができました。

                    さらに議員からは、

                    「若者と会話をしなければと思うけれど、若者がどこにいるのかわからない」

                    というような意見も出ていました。

                    もちろん若者は、世には沢山いるわけですが、

                    若者に政治の話を聞いてもらえる場が

                    どこにあるのかわからないという意味です。

                    だからこそ本日の「若者政策ワールドカフェ」は、

                    そのような問題の解決の意をこめた取り組みの一つだと思いますが、

                    私自身多くの若者の意見を聞けたことで

                    ブログにに書ききれないほどの多くのことを勉強をさせてもらいましたし、

                    18歳選挙が解禁される今後

                    もっともっとこういった取り組みが必要なのだと改めて思いました。

                    越谷でも何とか実施してみたいと考えておりますので、

                    企画をちょっと練ってみます!

                    ぜひみなさんその時はご参加ください。

                    2015年度 民主党 地方自治体議員フォーラム総会・全国研修会に参加

                    0
                      本日、2015年度民主党 地方自治体議員フォーラム総会・全国研修会に

                      参加しました。

                      (総会の様子です)

                      (講演する中島岳志、北海道大学公共政策大学院准教授です。)

                      (話をする岡田克也民主党代表です)

                      (話をする長妻昭元厚生労働大臣です)

                      この度の基調講演の講師は中島岳志

                      北海道大学公共政策大学院准教授です。

                      この方は、報道ステーションのレギュラーコメンテーナー

                      としても活躍されており

                      切れ味するどい意見をテレビで見ているので、

                      いつか話を聞いてみたいと思っていました。

                      中島氏からは、『リベラル保守という構想』という題名にて

                      公演を頂きましたが、

                      まずは、現代日本政治の基軸という分析軸で、各政党の

                      考え方や立ち位置を説明して頂き、

                      そのうえで民主党がどのような政治的立場をとるのが

                      良いのか?とうことを学問的に説明を頂きました。

                      細かい話を省きますが、

                      民主党は
                      個人の内面的思想を認め(リベラル)、
                      リスクの社会化(セーフティーネットの強化)を
                      前面に打ち出す政党


                      自民党は
                      価値を上から指し示す(パターナル)、
                      リスクの個人化(小さい政府の実現)を
                      前面に打ち出す政党


                      という違いを鮮明にすることが重要であるということです。

                      (実際にこのような違いを押し出し進めていくかはわかりませんが、
                       国民に理解しやすいという意味では、いいかもしれません)

                      また、民主党の成り立ちからして、民主党がどんな政党の姿をしているのか?

                      ということも冷静にお話頂きました。

                      更には、保守とはどんな考え方か?とか

                      保守思想の成り立ちから、現代におけるまでの経緯。

                      そして日本における保守という考え方が

                      ヨーロッパで考えれてきた保守思想とはかけ離れていることをお聞きしました。

                      本日の話を聞いて、長い一言で保守とはなんぞやということを説明すると

                      『歴史的価値や伝統を重視し、
                      そして人間の未熟さや個人の生きがいの大切さを理解する。
                      そのうえで市民と共に作り上げていく政治であり、
                      継続的に小さい改革をつつけていくこと』


                      であるというのが私なりの理解です。

                      真の意味では、私の政治思想は、保守なのかもしれませんね!

                      ただ現実には、私自身が(意味を理解されていない)保守かどうか?

                      なんてものには興味はありません。

                      ただ、政治を志す姿勢として、

                      今日学んだ『保守』という考え方には共感したというだけのことです。

                      また、大平正芳元内閣総理大臣は

                      『政治は60点でなければいけない、100点は必ず誰かを踏みつける』

                      という考えを持っていたことを教えて頂きました。

                      異なった考え方を重視し、取り入れていかなければ

                      良い政治はできない
                      ということですが、

                      この考え方は、政治家として大変良く理解できるところです。

                      逆に言えば、『絶対これが正しいという価値観の押しつけ』は

                      大変危険
                      であるということです。

                      久しぶりに頭がすっきりする政治の話を聞くことができましたね!

                      そしてその後、岡田克也民主党代表からは、民主党再浮上に向けての話があり、

                      長妻昭元厚生労働大臣からは、貧困対策などの話から

                      民主党がめざす『共生社会』についての話をお聞きしました!

                      本日の総括としては、民主党がやらなければならないことが、更に自分の中で

                      明確になったということでしょう!

                      なんか力が湧いてきましたね!

                      でも、市議会議員としては重要なことは、国会のように政党色を全面に出して

                      戦うことではなく、市民の話をより多くきいて、各会派(政党)協力して

                      いい市政を実現することだと思います。政党人ではありますが、

                      その前に市民党の議員として最善をつくしたいですね!


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
                        TAKU
                      • 台風18号の影響による大雨
                        弥栄町住民
                      • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
                        土佐藩士
                      • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
                        市民ABC
                      • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
                        suzuki
                      • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
                        砂金康彦
                      • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
                        脱藩浪士
                      • 越谷北高校訪問
                        肥田商店

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2492 最後に更新した日:2018/11/29

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM