会派行政調査(7月30日〜8月1日)

0

    7月30日〜8月1日の3日間にかけて会派
    立憲民主党と無所属の会にて行政調査に行ってきました。


    )務て史鵡島市(7月30日)
     シティセールスについて
    ∨務て算ニ攣圈7月31日) 
     ・子どもの貧困対策について
     ・特定不妊・不育症治療費助成事業について
    K務て桟団躬圈8月1日)
     住民主体の花のまちづくりについて


    その内容をご報告させて頂きます。


    7月30日
    北海道北広島市
    シティセールスについて

    (行政調査の様子)

    (質問する私)

    (ティッシュもクラーク&キャッチフレーズで北広島市をアピール)

    (市で利用する袋もクラーク)

    (クラーク氏の口の部分の内輪、顔にあてるとクラーク口になります)

     

    ◆背景
    札幌市から近く、自然と住居地域が混在し住民からは
    住みやすいとの認識はあるものの、人口の減少がはじまった。
    この「住みやすさ」はあるが「認知度」がないという
    ギャップを埋めるため、シティセールスを実施している。
    ※北広島市は東洋経済新報社「都市データパック」
    住みよさランキング5年連続北海道1位である。 

     

    ◆目的
    北広島市の魅力や特性を情報発信することにより、
    「訪れてみたい」「住んでみたい」「住み続けたい」と
    感じてもらうこと

     

    ◆取組
    ・クラーク博士が明言を残した場所ということにあやかり
     クラーク博士のゴロを使い「The Ambitious City」を前面に押し出す
    ・住みたくなるWEBサイト制作
    ・キャッチフレーズを利用したカードティッシュ
    ・北広島の特徴や魅力を20のフレーズにした内輪の作成
    ・北広島市に住みたくなる動画制作
    ・Yahoo!Japanへの広告掲載と「きたひろしまクイズ」の展開
    ・プロモーションツール「住みよいきたひろ」制作
    ・住みよさNo.1ステッカー
    ・バス内映像広告
    ・VR動画作成
    ・マンガ キタヒロ☆エゾリス家族
    ・地元3高校とのコラボ動画
    ・ランナー向け動画
    ・クイズ北広島or東広島市
    ・夫婦の写真コンテスト
    ・大学コラボふるさと納税動画
    ・高校コラボレーションコミック

     

    ◆ボールバーク候補市として
    プロ野球日本ハムの本拠地移転先として
    内定をもらっている段階(最終決定ではない)
    このチャンスを活かし、野球場を中心とした
    ボールバーク構想を成功させ、市の発展に貢献させたい
    とのコメントあり。
    ※議員全員参加の特別委員会等が設置されている模様。
     

    ◆成果
    定住人口の増加が少しづつはじまっており
    成果が見えはじめたてきたばかりとの認識。

    今までのシティセールスの取組は
    『知名度の向上 + 住みよさを知ってもらう』

    今後は下記が課題となる
    『住みよさを知ってもらう + ブランド力の向上』

     

    ◆考察
    お金をかけずに、市民を巻き込みながら
    シンプルにクラーク博士のロゴを活用するという手法を
    中心に、アイデア満載の数多くの取組を実施し
    シティセールを実施していると感じた。
    また、日本ハム本拠地移転という、大プロジェクトが
    あり、市全体が盛り上がってきているような印象を受けた。
    越谷市は何でもあるが、逆にこれという特徴がないと言われるが
    この辺りをどう強みとしてとらえるかが、今後の課題であろう。


    7月31日
    北海道札幌市
    〇劼匹發良郎ぢ从について

    (行政調査に様子)

    (質問する私)

    (頂いた資料)

     

    ◆子どもの貧困の性質

    札幌市では子どもの貧困における実態調査を行った結果
    子どもの貧困の性質を下記と考える
    ・身近にある問題
    ・ごく一部の限られた現象ではない
    ・経済的な問題だけではない
    ・子どもだけの問題ではない
    ・様々な要因が重なって起きる問題
    ⇒大人が抱えている困難と深くつながっている。

     

    ◆課題とその対応

     

    <課題1> 相談・支援
    ・困難を抱えていると考えられる世帯ほど、
     子どもや保護者自身の悩みを相談する人がいない
     子育てに関する制度やサービス、
     相談窓口を知らないなど、社会的孤立の傾向
    ・周囲から困難に気づくことが難しい。
     相談窓口への行きづらさを感じている世帯が存在
     
    ⇒相談支援体制の充実・強化と支援策の情報を確実に
     届けるための広報の充実が必要

     

    <課題2> 子どもの育ちと学び
    【乳幼児期の子育て】
    ・核家族化の進展により子育ての負担が増す中
     周囲からの協力が得られず、子育ての不安を一人で抱え
     込む世帯が増加

     

    ⇒乳幼児期の子どもの健やかな成長と、
     子育て世帯の不安を解消する相談支援等の充実が必要

     

    【子どもの学び】
    ・困難を抱えている世帯では、
     学習環境が十分に整っておらず
     学校以外での勉強時間が少ない傾向が見られ、
     学習の理解度も低い傾向

     

    ⇒学習意欲の向上にも寄与するさまざまな学習機会の提供や、
     子どもが安心して学ぶための支援体制の充実が必要

     

    【子どもの居場所・体験】
    ・教育や進路のことを親に相談できない子どもや、
     家庭や学校に居場所がないという感覚から
     不登校になる子どもが存在
    ・困難を抱えている世帯では「孤食」の状況にある
     子どもが見られ、家庭的な料理を知らない子どもも存在
    ・困難を抱えている世帯の子どもの成長のためには
     家庭や学校以外でモデルとなる大人と関わる機会が
     大切との指摘


    ⇒家庭や学校以外で子どもが安心して過ごすことができる
     居場所づくりや、子どもの成長に寄与する多様な
     学びや体験活動の支援が必要

     

    <課題3> 若者の社会的自立
    ・困難を抱えている世帯では、大学進学への希望が低く、
     教育資金の準備ができていない割合が高い傾向
    ・経済的な要因により進学を諦めている事例のほか、
     身近に適切なモデルがいないため進学や就職に対する
     イメージが持てない子どもが存在

     

    ⇒若者の進学・就労等の希望の実現に向けた
     進路支援や就労支援、困難を抱える若者への相談支援など、
     若者の社会的自立に向けた支援が必要

     

    <課題4> 生活基盤の確保
    ・教育資金の準備状況に差が生じるなど、
     世帯の経済状況が子どもにも影響
    ・仕事をしているにも関わらず収入が少ない世帯もあり、
     特に母子家庭で高い傾向

     

    ⇒世帯の暮らし向きの安定に向けた保護者への
     就労支援や生活基盤を確保する経済的支援が必要

     

    <課題5> 特に配慮を要する世帯への支援
    ・児童養護施設等入所児童への退所後の生活や
     進学等への支援の重要性
    ・ひとり親家庭は経済的に苦しい世帯が多く、
     様々な困難を抱えやすい傾向
    ・生活保護世帯や生活困窮世帯では、
     日常生活や子どもの進学等の様々な場面で困難や制約

     

    ⇒社会的養護を必要とする子どもやひとり親家庭、
     生活保護・生活困窮世帯へのきめ細かな支援が必要

     

    ◆基本施策
     それぞれの課題に対応した施策を下記に整理している。

    【基本施策1】困難を抱える子ども・世帯を必要な支援につなげる取組の推進

          ⇒課題1に対応
     施策1−1 気づき、働きかけによる相談支援体制の充実
     施策1−2 地域や関係機関・団体との連携による支援体制の推進

     

    【基本施策2】子どもの育ちと学びを支える取組の推進⇒課題2に対応
     施策2−1 乳幼児期の子どもの育ちと子育ての支援

     施策2−2 子どもの学びの支援
     施策2−3 子どもの居場所づくり・体験活動の支援

     

    【基本施策3】困難を抱える若者を支える取組の推進⇒課題3に対応
     施策3−1 社会的自立に向けた支援

     

    【基本施策4】保護者の就労や生活基盤の確保⇒課題4に対応
     施策4−1 保護者の自立・就労の支援
     施策4−2 生活基盤の確保に向けた支援

     

    【基本施策5】特に配慮を要する子ども・世帯を支える取組の推進⇒課題5に対応
     施策5−1 社会的養護を必要とする子どもへの支援
     施策5−2 ひとり親家庭への支援
     施策5−3 生活保護世帯・生活困窮世帯への支援

     

    尚、施策1にて子どものくらし支援コーディネート事業
    H30年に展開するとのこと
    困難を抱えている子どもや家庭を早期に把握し、
    必要な支援につなげることを目的として、
    一部地域でモデル事業として「子どもコーディネーター」を配置し、
    子どもの暮らしを支える相談支援体制の充実を図るとともに、
    ニーズの把握や活動の在り方等を検証する。

     

    ◆子どもの居場所づくり

    地域の子どもの第3の居場所
    ・子どもが安心してすごしながら
     地域の大人や子どもが交流し活動する場
    ・地域のつながりや見守りの役割を果たす場

     

    ◆子どもの居場所の可能性
    ・子ども
     →安心できる居場所
     →遊び、体験
     →食育、食事の支援、孤独防止
     →多様な学び
     →学習支援
     →悩みや不安の共有、相談支援


    ・子育て世代
     →保護者の休息
     →食事の支援
     →様々な人との交流
     →情報収集
     →フードバンクやおすそわけ会
     →悩みや不安の軽減、相談支援


    ・地域
     →地域のみまもり、支え合い
     →多世代交流の場
     →情報共有、勉強会
     →コミュニティ拠点
     →子どもの参加
     →社会参加の場
     →まちづくり
     →市民活動の活性化

     

    札幌市はこども食堂に直接の支援はしていないが
    ガイドブックなどを作成することにより間接的支援をしている。

     

    特定不妊・不育症治療費助成事業について

    (行政調査の様子)

     

    特定不妊治療については越谷市も同様の取組があるため
    不育症治療助成事業の報告をする。

     

    ※不育症とは
    不育症とは、2回以上の流産、死産や新生児死亡の既往がある場合を言います。 
    「流産、死産」は、妊娠検査薬が陽性になった場合ではなく、医療機関での
    超音波検査により胎のうや胎芽を確認後、妊娠が終了した場合を言う。

     

    ◆事業目的
    不育症治療等に要する費用の助成を行うことで、
    不育症に悩む方の経済的負担の軽減を図ると共に、
    不育症に関する適切な情報を提供し、
    不育症の早期受診・早期治療を啓発すること

     

    ◆対象
    不育症(疑いを含む)と診断され、対象となる検査及び治療を受けた法律上の
    ご夫婦(治療開始時に法律上の婚姻をしている夫婦)で
    次の要件を全て満たす方
    1.札幌市が指定する医療機関で不育症治療を受けていること。
    2.申請日において、ご夫婦のいずれかが札幌市内に住民登録をしていること。
    3.ご夫婦の前年の所得(1月〜5月の間に申請する場合は前々年の所得)の
     合計額が730万円未満であること。

     

    ◆助成額
    不育症検査及び治療に要した費用に対して、
    1回の治療期間につき10万円までを上限として助成金を交付
    ※「1回の治療期間」とは、不育症の診断をするための検査(又は治療)
    を開始した日から、妊娠が確定し出産(流産または死産を含む)した日
    または医師の判断により治療が終了した日のこと

     

    ◆助成回数と助成期間
    通算助成回数、1年間あたりの助成回数、通算助成期間に制限はなし

     

    ◆対象検査・治療
    平成29年4月1日以降に開始した不育症の検査及び治療(医療保険適用の有無は問わない)
    【検査】抗リン脂質抗体検査、凝固因子検査、
        子宮形態検査、染色体検査
    【治療】不育症治療としての投薬(アスピリン療法、ヘパリン療法等)
        手術及びその他医師が必要と判断した不育症治療

     

    ◆指定医療機関
    札幌市特定不妊治療費助事業医療機関
    +生殖医療専門医が所属する医療機関
    +周産期(母体・胎児)専門医が所属する医療機関
    →計23か所


    ◆課題
    ・市民及び医療機関への周知が不足しているため
     今後も周知と普及啓発を行う
    ・対象検査項目及び治療内容について意見や要望が多いため
     見直しも含め検討していく

    (札幌市役所一階でクラーク博士と撮りました)

    (市役所を出てすぐに見えるテレビ塔)


    8月1日 北海道恵庭市
    住民主体の花のまちづくりについて

     

    (行政調査の様子)

    (えにわ 花のまちづくりプラン 表紙)

    (えにわ 花のまちづくりプラン 中身の一部)

    (花マップ)

    (頂いた資料)

    (駅前の様子です)

    (市役所前で撮りました)

     

    ◆歴史
    下記のように恵庭市は、昔から市民が自主的に立ち上げた活動とともに
    花のある街づくりを進めてきた。
    昭和36年(1961年) 恵庭市花いっぱい文化協会 設立
    昭和45年(1970年) 市制施行 恵庭市誕生
    昭和59年(1984年) 恵庭市花苗生産組合 設立
    平成 3年(1991年) 第1回「恵庭・花とくらし展」 開催
               ニュージーランドクライストチャーチ市視察
              【 花の生産者・市民・市職員等有志13名】
    平成10年(1998年) 花のまちづくりプラン完成
               恵庭花のまちづくり推進会議設立
    平成16年(2004年) 都市景観大賞 「美しいまちなみ大賞」受賞
               国土交通省主催
    平成18年(2006年) 川の駅「花ロードえにわ」
               えこりん村 オープン
    平成20年(2008年) 花のまちづくりプラン改定版完成
    平成22年(2010年) 花いっぱい文化協会創立50周年
                         (社)日本観光協会第12回「花の観光地づくり大賞」受賞


    ◆恵 庭 市 の 花 の 生 産
    道内有数の花苗生産地
    平成27年度
    生産量 5,579,000鉢
    道内の生産鉢数の約30%が恵庭の花苗

     

    ◆花苗生産者の取り組み
    恵庭市花苗生産組合
    設 立:昭和59年
    会 員:市内の花苗生産者4件(H30現在)で構成
    事 業:花苗の生産(約500万株)
    花いっぱい文化協会斡旋花苗生産の他
    イベント等を通じて植栽技術の向上や
    情報提供を目的に、各種講習会を開催
    しています。(春と秋に講習会)

     

    ◆花いっぱい文化協会の活動
    設 立:昭和36年(秋田県 雄物川町出身者7名)
    会 員 数:約70団体(町内会・学校・任意団体・商店街等)
    事 業:花苗の斡旋(約10万株)・花壇コンクールの実施
        公共施設(学校・会館・公園・緑地等)への
        花苗植栽、春と秋で花斡旋販売及び講習会の開催

     

    ◆恵庭花のまちづくりプラン
    恵庭花のまちづくり推進会議
    平成10年11月にプランの推進を目的に設立
    構 成:花の関係者を始め教育・文化・経済団体等から
        選出された18名のメンバーにより構成
    事 業:花とくらし展の開催
        フラワーガーデニングコンテスト(〜H21)の実施
        恵庭花とも写真展(H23〜)の開催
        花のまちづくり講演会開催・花マップ作成協力
        市民向けオープンガーデンバスツアー開催(めぐみの庭めぐり)等
    その他:花のまちづくりに関する事項や事業内容の検討・検証等

     

    ◆恵庭・花とくらし展
    開催経緯 平成2年、市制施行20周年記念事業一環として
         開催。会場は道と川の駅「花ロードえにわ」
         、旧保健センターで実施。
    事業内容 屋内会場はプリザーブドフラワー等花の体験、展示
         を始めとして企画。
         屋外会場では、オープンガーデンツアー・ステージイベント
         花のマーケット・花のお楽しみ抽選会等も実施。
         新規企画としてSNSと連動した写真キャンペーンを実施。


    ◆新イベント めぐみの庭めぐり
    事業内容 地方創生推進交付金を活用。
    市民を対象に恵み野地区のきれいな庭を公開。
    移動手段として循環バスを地区内で運行。エリアごとに
    インフォメーションや花ガイド、案内人なども配置。
    ガーデナーと行政、地域、花団体の距離が縮まる。
    (全体会議の開催、顔見知りになるなど)

     

    ◆商店街や企業等の取組み
    商店街・企業等は植樹帯や植樹桝等を活用し、花苗を植栽
    したり、花樽等のプランターを設置し環境美化に積極的に取
    り組んでいる。
    又、全国「花のまちづくり」コンクール等で数々の賞を受賞。
    主な商店会:恵庭駅通・島松駅前通・漁町商店会
    恵み野商店会(花さんぽ・やすらぎストリート)等
    企業庭園等:道と川の駅「花ロードえにわ」・「サッポロビール庭園」
    えこりん村(銀河庭園)・サンガーデン 等

     

    ◆オープンガーデン
    えにわ遊マップ&恵み野花マップ
    恵庭観光協会が中心となって毎年発行しています。
    配布場所は、道と川の駅「花ロードえにわ」、
    JR恵庭・島松・恵み野各駅、恵み野商店会の一部店舗等で配布。

     

    ◆恵庭市民花ガイドについて
    【設置年度】 平成16年度 一般公募(平成17年6月7日認定)
    【設置目的】 当市を訪れる、花の見学者に対して花のまちをご案内するとと
         もに、花のまちづくりを広く紹介することを目的として設置。
    【活動内容】 現在は視察(議会・団体等)で事前に申込みを受け活動。
          土日の対応も可能。ただし、有料ツアー(旅行者)等には対応していない
    【受 賞 暦】 平成29年度観光振興功労表彰(主催:北海道観光振興機構)
    【登録者数】 16名(活動可能者数15名・主な活動月/7〜8月)
    【報 酬 等】 ボランティア(商品券等1,000円/1回支給)
    【活動実績】 H18〜H25年度 174件(5,729人)
    H26年度 8件(384人)/ H27年度 9件(312人)
    H28年度 12件 (293人) / H29年度 8件(236人)

     

    ◆花の拠点づくり
    花の拠点!市民があるまれる場が必要ということで花の拠点づくりに着工。
    現在ある道の駅に加え農畜産物直売所、キッチンガーデン ガーデマルシェ、
    センターハウス、多目的芝生広場などを整備。これを民間に委託することで
    収益を出し、その収益を花への投資に利用するという、継続をめざした
    拠点づくりを平成32年以降に展開する予定とのこと。期待が集まる。

     

    ◆考察
    私の住む、新方地区でもこのような考えを取り入れた事業で
    市域お越し実現したいという希望がある。この度の調査を参考に

    ・花の種類

    ・収益からの採算性

    ・市民の協力
    こんなキーワードからすこし考えてみたい。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
      TAKU
    • 台風18号の影響による大雨
      弥栄町住民
    • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
      土佐藩士
    • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
      市民ABC
    • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
      suzuki
    • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
      砂金康彦
    • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
      脱藩浪士
    • 越谷北高校訪問
      肥田商店

    links

    profile

    書いた記事数:2900 最後に更新した日:2020/02/03

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM