12月定例議会の終了と討論

0

    本日、12月定例議会の最終日でした。


    結果から言うと、すべての議案は可決され


    請願「住宅リフォーム助成制度の創設を求める請願の件」は採択


    もう一つの請願「来年10月からの消費税率10%増税と


    複数税率導入を中止するよう、政府に意見書の提出を求める件」は


    不採択となりました。

    (消費税を考えるイメージ byイラストAC)

     

    尚、私は消費税の請願には賛成しました。


    私の討論は下記になります。ぜひ読んでみてください。

    ===================================

    来年10月からの消費税率10%増税と複数税率導入を中止するよう
    政府に意見書の提出を求める件について賛成の立場から討論いたします。

    はじめに、私個人の消費税についての私の考えを先に述べさせていただきます。
    まず消費税は、税の負担が増している若い世代に偏ることなく、

    全世代の人で広く分かち合うことができるというメリットがあります。

    そして、超高齢社会のなか、社会保障の充実や安定化に充てるための

    重要な財源であり、かつ財政再建まったなしの状況下である日本には

    必要不可欠な税金であるという認識です。
    そんな考えを持つ私でありながら、2019年10月の消費税増税については

    いくつか考える点がありそのことについて述べさせていただきます。
    ご承知のとおり2014年消費税が5%から8%にあがりました。
    3党合意により増額分は社会保障の充実と安定化財源に充てるということでしたが

    お金に色はないといえ、法人所得税であるとか、

    あるいは他の税目で税収が減っている分を穴埋めしていることに

    なってしまっており、結果的に社会保障の財源に充てるという約束が

    守られていないと考えます。
    また、大きく景気に影響を与える消費税ですが、中長期的にみても

    消費不況の状況から脱却できていないとの認識です。
    心理的な要素の大きい消費不況の状況で消費税を上げれば

    経済に大変大きな打撃を与えることは明らかです。

    そして2度自民党政権が消費税率を上げるのを延期をした状況と

    景気がどのように変わっているのかというのも理解できない状況です。
    そもそもリーマンショックなみの経済状況にならなければ消費税増税は

    行うといっておきながら増税を延期した判断は

    今も私には理解できていません。

    国民からすれば、社会保障に充てるはずだった税金が

    しっかりと使われているのかどうかわかりません。

    そして選挙や政局の中で消費税の在り方を決定しているかのような

    疑問を禁じえませんし、国民から消費税に対する信頼が

    失墜していると言わざるを得ない状況です。
    また増税後の社会保障の充実策として

    幼児教育の無償化もあげられていますが

    これもまずは待機児童の解消を優先すべきであるという考えもあります。
    そして、増税後の消費の落ち込み対策として取り上げられている

    キャッシュレスで決済した場合にポイントで還元するという手法も

    課題が山積であるのは報道などを通してご案内のとおりであり

    現状では消費税をあげて、国民の理解が得られる状況ではないと考えます。
    さらに加えて、軽減税率の導入にも反対です。
    反対の主な理由は次のとおりです。
    ・軽減税率制度は、食料品などで見た場合かえって高所得者ほど

     負担軽減額が大きくなってしまい逆進性対策としての効果には

     議論の余地があること
    ・適用範囲を合理的に設定することが難しいこと
    ・インボイスを発行できない免税事業者が取引から

     排除される懸念があること
    ・システムの変更費用がかかったり、帳簿管理や商品管理が複雑化するなど

     事務処理が煩雑になることです。
    以上、様々なことを述べてきましたが、
    今は、景気の流れをじっくりと読み、そして出来れば軽減税率ではなく
    給付つき税額控除を念頭に置き、更には国民が納得できる社会保証制度を

    しっかりと考えてから消費税増税に取り組むべきと考えます。
    その取り組みこそが、「あらゆる世代が負担能力に応じて公平に負担を分かち合い

    同時に恩恵を感じられる“全世代型”社会保障への方向転換につながる」はずです。
    よって2019年10月からの消費税率10%増税と複数税率導入は
    中止すべきと考え請願に賛成します。
    議員の皆様のご賛同をお願いしまして賛成討論とします。

    ===================================

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
      TAKU
    • 台風18号の影響による大雨
      弥栄町住民
    • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
      土佐藩士
    • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
      市民ABC
    • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
      suzuki
    • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
      砂金康彦
    • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
      脱藩浪士
    • 越谷北高校訪問
      肥田商店

    links

    profile

    書いた記事数:2534 最後に更新した日:2019/01/14

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM