#検察庁法改正案に抗議します

0

    現在SNSで検察庁法改正案に反対する多くの声が上がっています。

     

    (ハッシュタグ)


    この度は特に芸能人も多くの声を上げているということや


    ハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」が


    爆発的に使われたことからさらに大きな話題となっています。


    もちろん私も反対の立場を明確にしておきます。

     

    皆様ご存じだと思いますが、自分の論点整理のためまとめてみました。


    【問題の始まり】
    1981年に国家公務員法改正で定年延長規定が新設された際、
    政府が検察官には規定が適用されないとしていた政府見解を
    安倍政権が閣議決定によって国家公務員法第81条の3の法解釈を変え
    黒川弘務検事長の「勤務を延長」したことに発する。

     

    この勝手な法解釈の変更自体にも相当問題があるのではないが、
    この度の法改正案は、黒川弘務検事長個人に限った問題ではないと思われる。

     

    さらには新型コロナウィルスの対策で混乱状態のなか
    国会でじっくり議論することなく急な採決をしようとしているところが
    国民の反感を買っている。

     

    【国会に提出された法改正の中身と問題点】
    検察庁法改正案と一般の国家公務員の定年を60歳から65歳に
    段階的に引き上げる改正案が、セットで国会に提出されている。

     

    ◆内容
    検察官の定年を63歳から65歳にすること(一般の国家公務員と同じように)
    (検事総長(検察のトップ)は現行65歳のままである)

     

    ◆内容
    幹部に役職定年を導入すること。
    次長検事や全国に8人いる検事長は、63歳を過ぎると「ヒラ」になる
    人事を硬直化させず、組織を活性化するためとのこと

     

    ◆問題点
    役職を退く年齢になっても、政府が認めれば役職にとどまれる

    「特例規定」が盛り込まれていること。


    検事総長や次長検事、検事長は内閣が、検事正は法務大臣が、
    「公務の著しい支障が生じる」として、
    必要と判断すれば最長3年とどまれる仕組みとなる。


    政権に都合の良い幹部をポストにとどめ、不都合なら退職してもらう
    人事ができる余地が生まれる。


    容疑者を裁判にかける起訴の権限をほぼ独占する検察官の「自主独立」が脅かされ、
    「政権への忖度(そんたく)が生まれかねない」

     

    ◆ちなみに・・
    野党は、´△鉾紳个靴討い襪錣韻任呂覆ぁ
    問題点に記載した部分に反対しているのである。

     

    また本日、検察庁法の改正案の採決が見送りにされたことに一安心です。
     


     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
      TAKU
    • 台風18号の影響による大雨
      弥栄町住民
    • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
      土佐藩士
    • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
      市民ABC
    • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
      suzuki
    • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
      砂金康彦
    • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
      脱藩浪士
    • 越谷北高校訪問
      肥田商店

    links

    profile

    書いた記事数:3013 最後に更新した日:2020/05/31

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM