ホームページをちょっとだけリニューアル!

0

    議案と予算の確認を一日していたのですが、その作業が終わって
    インターネットを見ていたら急に自分のホームページのことを思い出し、
    少し変更することを決めました。
    ※ブログはほぼ毎日更新していますが、ホームページは基本情報だけを
    のせているのでほとんど更新していませんでした。

    『.肇奪廛據璽犬亮命燭瞭れ替え』と今ほかの議員が実施している
    『twitter連動』をしようと思い作業に取りかかりました。
    ちなみに私は一切業者に作業を依頼せず、全部自分で作っています。
    (手作り感満載です(笑))

    .肇奪廛據璽犬亮命燭瞭れ替え
     画像編集ソフトを持っていないので、フリー(無料)のソフトをインターネットから
     ダウンロードしてちょっとだけ加工しました。
     『越谷のためにまだやるべきことがある』というメッセージを入れてみました。

    twitter(つぶやき)連動
     スクリプトというプログラムをホームページ上に埋め込むのですが、なぜかエラーが連発
     30分程度悩みながらエラー修正を行いました。
     この改修により『ブログ更新情報』がホームページ上に更新されることになります。

    参考書などを一切見ないで作業しているので、思いのほか時間を使ってしまいました・・・^_^;
    ブログラムを読んでいくのも正直『感』に近いですね!

    高いソフトを使えばもっとかっこよく出来るのだけどなぁと思いながらも、現状での出来に
    少しばかりですが満足もありました。
    がそんな中、新ホームページを見た嫁が『センスない!』のひと言・・・グサって感じです(泣)

    『まだ完成版ではない!見てろよ!』っと思いながら、また時間をみつけて
    作業をしていこうと思います。

    センスがないけど新ホームページです。一度見てください!
    画面の下まで見てくれるとうれしいです。
    http://akira-fukuda.com/index.html


    3月定例会(議会)開会

    0

      3月定例議会が開催されました。
      この度は、37の議案が審査されます。
      この度は代表質問(会派の代表1人のみが質問する)なので、私の一般質問はありません。

      この度は議員になって4回目の議会になります。
      今まで以上に議案の調査をしていきたいと思います。

      また1年目として力を入れて活動してきた(念願だった)公共交通の特別委員会が
      設置されるはこびとなりそうです。
      私も一般質問や公共交通調査研究会で『公共交通については
      公式の場で考えていくべき』
      と訴えてきたので、一つ活動の結果が
      形になりそうで大変うれしく思っています。
      設置されてた際には、今まで以上に市民の皆様の足を確保するため、
      しっかり議論していきたいと思います。(^_^)/

      尚、下記にはこの度の定例議会で提示された議案を載せておきます。

      平成24年3月定例会

      市長提出議案 概要(平成24年2月23日更新)
      議案番号 議案名 概要
      第1号議案 越谷市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて  越谷市固定資産評価審査委員会委員横山文夫氏の任期満了(平成24年3月31日)に伴い後任委員を選任することについて、議会の同意を求めるもの。
      第2号議案 越谷市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて  越谷市固定資産評価審査委員会委員大沢昌太郎氏の任期満了(平成24年4月2日)に伴い後任委員を選任することについて、議会の同意を求めるもの。
      第3号議案 越谷市手数料条例の一部を改正する条例制定について  地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部が改正されることに伴い、消防手数料について、「浮き蓋付特定屋外タンク貯蔵所」の設置許可申請に対する審査手数料を定めるもの。平成24年4月1日から施行
      第4号議案 越谷市特別会計条例の一部を改正する条例制定について  越谷駅西口土地区画整理事業の完了に伴い、当該事業の特別会計を廃止し、及び越谷駅東口駐車場事業を実施するにあたり、当該事業の会計を特別会計とするもの。平成24年4月1日から施行
      第5号議案 越谷市火災予防条例の一部を改正する条例制定について  危険物の規制に関する政令の一部改正により、危険物に「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」が追加されることに伴い、現に指定数量の5分の1以上指定数量未満の「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物」を貯蔵し、又は取り扱っていることなどにより、新たに危険物の取扱いに係る基準の対象となるものについて、一定期間における適用除外などの特例措置を設けるもの。平成24年7月1日から施行
      第6号議案 越谷市保育の実施及び保育料に関する条例の一部を改正する条例制定について  年少扶養控除及び特定扶養控除の一部が廃止されたこと等に伴い、所要の改正を行うもの。
      1 年少扶養控除及び特定扶養控除の上乗せ部分の廃止に伴う保育料への影響を軽減するための調整規定の追加《平成24年4月1日から施行》
      2 条文整備《公布の日から施行》
      第7号議案 越谷市介護保険条例の一部を改正する条例制定について  平成24年度から平成26年度までにおける第1号被保険者に係る介護保険料を見直すもの。平成24年4月1日から施行
      1 基準額 
       ・改正前 月額2,900円(年額34,800円)
       ・改正後 月額4,100円(年額49,200円)
      2 被保険者の負担能力に応じたきめ細かい保険料区分とするため、所得階層区分を8段階9区分から11段階13区分に細分化するもの
      第8号議案 越谷市小児夜間急患診療所設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について  初期救急医療の充実を図るため、越谷市成人夜間急患診療所を設置することに伴い、所要の改正を行うもの。附則において越谷市の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する。規則で定める日から施行
      1 題名を改めるもの
        ・改正前 越谷市小児夜間急患診療所設置及び管理条例
        ・改正後 越谷市夜間急患診療所設置及び管理条例
      2 成人夜間急患診療所の位置及び名称並びに診療科目を定めるもの
        ・名称 越谷市成人夜間急患診療所
        ・位置 越谷市東越谷十丁目81番地(旧看護専門学校) 
        ・診療科目 内科
      3 成人夜間急患診療所診療管理者の報酬を定めるもの
        ・報酬(月額) 166,400円(小児夜間急患診療所診療管理者と同額)
      第9号議案 指定管理者の指定について(越谷市市民活動支援センター) 1 指定管理者に管理を行わせる公の施設
        ・所在地 越谷市弥生町16番1号
        ・名称 越谷市市民活動支援センター
      2 指定管理者に指定する団体
        ・名称 アイル・オーエンスグループ
      3 指定する期間
        ・平成24年6月1日から平成27年3月31日まで
      第10号議案 越谷都市計画事業越谷駅西口土地区画整理事業施行規程を廃止する条例制定について  越谷駅西口土地区画整理事業の完了に伴い、当該事業の施行規程を平成23年度末で廃止するもの。
      第11号議案 越谷市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について  公営住宅法及び公営住宅法施行令の一部改正に伴い、公営住宅法施行令の規定で定めていた入居資格条件について、条例で規程するもの。平成24年4月1日から施行
      第12号議案 越谷市都市公園条例の一部を改正する条例制定について  レイクタウンスポーツ公園、レイクタウン湖畔の森公園、レイクタウン第一公園及びレイクタウン第七公園を供用開始するもの。平成24年4月1日から施行
      第13号議案 議決事項の一部変更について(東武伊勢崎線北越谷駅大袋駅間公共下水道築造工事(御料堀第1号雨水幹線)委託に関する協定の締結)  平成23年9月定例会の議決を経た上記協定の締結について、受託者である東武鉄道株式会社による工事受注者の選定に期間を要したこと及び地下埋設物の移設に係る工法の変更により工区の延長を変更することに伴い、委託期限を「平成24年3月31日」から「平成25年3月31日」に変更するもの。
      第14号議案 指定管理者の指定について(越谷市越谷駅東口駐車場) 1 指定管理者に管理を行なわせる公の施設
        ・所在地 越谷市弥生町16番3号
        ・名称 越谷市越谷駅東口駐車場
      2 指定管理者に指定する団体
        ・名称 株式会社 越谷ツインシティ
      3 指定する期間
        ・平成24年6月1日から平成27年3月31日まで
      第15号議案 越谷市中小企業資金融資条例の一部を改正する条例制定について  制度融資に係る利子助成の特例期間を平成24年3月31日から更に1年間延長し、平成25年3月31日までとするもの。平成24年4月1日から施行
      第16号議案 平成23年度越谷市一般会計補正予算(第3号)について  平成23年度越谷市一般会計補正予算(第3号)について ほか補正予算10件
       補正予算額
       ・一般会計 80,000,000円
       ・特別会計(9会計) △986,800,000円
       ・病院事業会計 △90,000,000円
      第17号議案 平成23年度越谷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について
      第18号議案 平成23年度越谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について
      第19号議案 平成23年度越谷市介護保険特別会計補正予算(第3号)について
      第20号議案 平成23年度越谷都市計画事業東越谷土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について
      第21号議案 平成23年度越谷都市計画事業越谷駅西口土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について
      第22号議案 平成23年度越谷都市計画事業七左第一土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について
      第23号議案 平成23年度越谷都市計画事業西大袋土地区画整理事業費特別会計補正予算(第2号)について
      第24号議案 平成23年度越谷市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)について
      第25号議案 平成23年度越谷市公共用地先行取得事業費特別会計補正予算(第1号)について
      第26号議案 平成23年度越谷市病院事業会計補正予算(第1号)について
      第27号議案 平成24年度越谷市一般会計予算について  平成24年度越谷市一般会計予算について ほか当初予算10件
       予算額
       ・一般会計 82,000,000,000円
       ・特別会計(9会計) 62,122,000,000円
       ・病院事業会計 11,320,000,000円
      第28号議案 平成24年度越谷市国民健康保険特別会計予算について
      第29号議案 平成24年度越谷市後期高齢者医療特別会計予算について
      第30号議案 平成24年度越谷市介護保険特別会計予算について
      第31号議案 平成24年度越谷都市計画事業東越谷土地区画整理事業費特別会計予算について
      第32号議案 平成24年度越谷都市計画事業七左第一土地区画整理事業費特別会計予算について
      第33号議案 平成24年度越谷都市計画事業西大袋土地区画整理事業費特別会計予算について
      第34号議案 平成24年度越谷市公共下水道事業費特別会計予算について
      第35号議案 平成24年度越谷市公共用地先行取得事業費特別会計予算について
      第36号議案 平成24年度越谷市越谷駅東口駐車場事業費特別会計予算について
      第37号議案 平成24年度越谷市病院事業会計予算について

      息子!(子育てしやすいまち)

      0

        息子が体調不良のため保育園をお休みしました。
        そのためすべての予定をキャンセルして、一日一緒にいました。

        なんか寝ている息子の姿を見ていたら、
        『小さいなりにがんばって生きているんだなぁ〜』
        っとしみじみ思いました!

        やはり親というのは子どもが一番ですよね!
        他の方もそうだと思います。

        子どもが暮らしやすいまちづくり、子育てしやすいまちづくりって
        重要だなぁと感じた一日でした。

        子どもが寝たのでこれから24年度予算案の確認です。
        頑張るぞ<(`^´)>

        今日の写真じゃないですが・・・ おもちゃで遊ぶ息子です。
        がんばれ!息子!『GO A WAY!』


        【第16回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(せんげん台駅東口)

        0
          せんげん台駅東口にて定例の朝立ちを行いました。
          (第16回 駅頭&街頭活動 2011年5月30日よりカウント開始)

          今日は下記について熱弁させて頂きました。
          =========================
          ・3月定例会予算案の状況
          ・5市1町モデルによる協業モデル(エネルギー政策など)
          ・まちづくりについて
          ・社会保障税の一体改革
          =========================

          数人の方ですが、聞いてくれている様子があり、

          とてもうれしかったですね!

          実際朝の駅では、なかなか立ち止まってくるということはないので

          少しでも聞いてくれている様子が感じられると

          それだけ結構気分がハイになります!

          今日はとても寒く足のつま先が痛くなったりもしましたが、

          これからもがんばりたいと思います。

          政経セミナー(自然エネルギーで変えるくらし・地域・市場)

          0

            政経セミナーにて『自然エネルギーで変えるくらし・地域・市場』
            (原発事故後に見えてきた循環型社会を考える)という議題で
            特別講座が開催され、参加をさせて頂きました。

            講師は山下紀明氏(環境エネルギー政策研究所主任研究員)です。

            私が特に勉強になった部分について記載します。
            ================================
            ー然エネルギーはあくまでまちづくりの1つのツールである。
             地域によって条件が違うので、よく考えて実行すべき!
             また『自分のまちの将来のあるべき姿』の中にエネルギー問題を
             落とし込んで考えるべき。また地域の合意形成にしっかりと力を注ぐべき
            ⊆然エネルギーの活用事業の際、自治体がお金(補助金)を
             出すのは採算ラインが微妙な案件が多い。補助金は単発的な物なので
             継続性を考えてから実行ずべき。(有望な事業は黙っていても民間が実施する)
            自然エネルギー(再生可能エネルギー)を1つの言葉で扱うことはよくない。
             太陽、風力、バイオマス、地熱、小水力、海洋など特性を分けて議論しなければ
             ならない。特性を分けて議論しないと『安定しないエネルギー』という一言で
             かたづけられてしまう可能性がある。
            ぜ然エネルギーの恩恵が地域へ入る市民参加・地域参加の仕組みが必要
             (地域出資・市民ファンド・地域エネルギー事務所などの仕組み)
            ァ陛豕のように)自然エネルギーを作るということは難しい地域(地理的条件)でも
             自然エネルギーを使う立場で貢献するという考え方もある。
            自然エネルギー導入を「義務化」したり「検討を義務化」するという政策が考えられる
             (京都では大規模建造物への自然エネルギー導入が義務化されている)
            ====================================

            また自然エネルギー自治体の成功要因として下記のようなものが挙げられていました。
            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
            ・自治体の意思決定者と強く協働できること
            ・自治体の構造に弱点があること(弱点を逆手にとると成功要因になりやすい)
            ・自治体に本気で取り組むパイオニアがいること
            ・市民参加が進んでいること
            ・自然エネルギーへの安定的・野心的な国の支援制度
            ・既存エネルギーの価格上昇
            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


            また最後に一番大切なことを学びました。
            大事なのは自然エネルギーを考える前に、徹底的な省エネを実施することの方が
            重要
            であるということです。
            この辺はまさに忘れがちになってしまうところですね・・・^_^;

            今日勉強したことを越谷市に当てはめて、様々な政策を探っていきたいと思います。

            講演する山下氏です。
            まだ若い(30歳くらい)のにしっかりとわかりやすく話をされていました。
            私も負けていられない・・・・



            地区子ども会育成連絡協議会

            0

              地元の子ども会育成連絡協議会に参加させて頂きました。
              それぞれの子ども会における人数の確認や、今年予定している行事、問題点などを
              確認しました。

              やはり、そこで直面したのは、子ども会ごとの人数の格差です。
              ある会では50名程度の子どもがいるのに、ある会では6名程度しかいない、
              子どもの数に格差(当然親の数も少ない)があるのに親の負担は子ども会ごとで
              平等になっている。子ども会は実施したいけど、親の負担が多すぎて、やりきれないなど
              切実な思いを聞くことができました。

              このような話を聞いていると、住民格差の問題もこんなところにまで表れているんだなぁ
              と切実に思いました。大人は自分の意思に基づいて住む場所を決めているので、
              ある意味自己責任でという考え方も場合によってはありだと思いますが、
              やはり子どもには様々な機会を出来るだけ平等にしてあげたいと思いますね。

              (あくまで個人的な意見ですが)子ども会も抜本的な改革が必要な時期に来ているのかも
              しれないと半分では思いながら、自分にできることは何かを改めて考えた一日でした。


              新規事業説明会(24年度予算(案))

              0

                執行部による新規事業予算(案)の説明会がありました。
                今年は、30の新規事業が実施される予定で、そのうち20の事業についての
                説明を受けました。(予算規模の大きい20事業)

                市民の皆様から色々な要望があるなかで、新規事業の位置づけはとても重要です。
                限られた予算のなかで、もっとも使い方が評価されるからです。

                この度の説明のなかで、自分自身でも少し疑問に考えた部分がありました。
                やはり、目的、効果、優先順位のつけ方、金額の妥当性、もし予算がない場合の影響
                などは、予算委員会の前に、特にしっかりと確認していきたいと思います。

                財政に強い議員を目指している自分とっては、正直まだまだやるべきことが一杯です。
                ^_^;



                3月定例議会告示

                0

                  3月定例議会告示がされました。
                  お昼に議員会役員会があり、午後から議員会が開かれ、
                  日程の報告などの諸般の報告があったあとに、執行部による
                  議案事前説明(人事、一般、補正予算、24年度予算など、37つの議案)が
                  行われました。

                  当然議案はすべて重要なのですが、この度の定例議会で特に注力すべきは、
                  やはり24年度予算でしょう!
                  尚、ざっくり下記数字が予定されているようです。(確定は当然、採択を経てからです
                  ==============================
                  一般会計     約820億(対前年対比 1.2%減
                  特別会計     約621億対前年対比 7.0%増
                  病院事業会計  約113億(対前年対比 2.2%増)
                  合計              約1,554億(対前年対比 2.2%増)
                  ==============================
                  注目する流れとしては一般会計は、前年対比で減額しているにも関わらず
                  特別会計が増額されいるという部分でしょうか?
                  特別会計は国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険など、社会保障の部分を
                  含んでいます。高齢化が進むなか、どんどん規模が拡大されています。
                  この社会変化をよく考えながら全体のバランスを考えていくことが重要です。

                  私は今回予算特別委員会ではありませんが、(決算委員会のメンバーだったので)
                  事前に私の意見を会派のメンバーに伝え、私自身はしっかりと5日間、傍聴という立場に
                  なってしまいますが、参加したいと思います。



                  民主党越谷支部打ち合わせ

                  0

                    市内の県議会議員と市議会議員があつまり、民主党越谷支部の
                    打ち合わせを行いました。
                    内容は、県議、市議の情報共有、そして、様々な政策について
                    議論を行いました。
                    そのなかでも国政/県政/市政に共通する話題として『社会保障』が
                    あがります。それだけ問題の根が深いということなのでしょう!

                    また越谷では『地域医療』についてが話題になりました。
                    越谷では、市立病院の5年ぶりの黒字化、小児夜間急患診療所につづく
                    成人夜間急患診療所の開設など明るいが続いておりますが
                    今後とも継続的に本件については、積極的に考えていこうということでメンバーが
                    一致しました。

                    少しずつではありますが、このようにチームで動き始めています。
                    ぜひ市民の皆様も(市民でなくても)ご意見があれば、どんどん伝えてほしいと思います。

                    尚県議会報告会&市議会意見交換会が
                    2月26日(日)中央市民会館にて18:30から開催されます。(受付は18:00開始)
                    ぜひとも皆様参加してください<(_ _)>




                    越谷・松伏水道企業団 調査研究特別委員会

                    0

                      越谷・松伏水道企業団における調査・研究のため
                      兵庫県の淡路広域企業団と大阪府豊中市上下水道局を訪問しました。
                      淡路広域企業団では、ゞ般海琉豎腑▲Ε肇宗璽轡鵐阿砲弔い
                      豊中市上下水道局では、⊃綟斬竸眠住業(大阪)広域水道企業団
                      について調査をさせて頂きました。

                      日本そして多くの自治体は人口の減少が続いています。
                      また世の中の様々な設備の節水化が進んできています。
                      つまり水の使用量が減少するいうことは、水道企業団の収入が下がるということです。
                      しかしそのような状況下でも、水道管路の耐震化など、設備への投資は継続して
                      行かなければなりません。ではこのような世の中の動きのなかで、
                      長期的視点で見た時にどのような経営戦略を取っていかなければならないのか?
                      その答えの1つがこの調査・研究にあったと思います。
                      それは、コストの削減です。

                      コスト削減のキーワードが『業務アウトソーシング』と『広域地域による共同化』です。
                      特に『広域地域による共同化』については『5市1町による企業団化』という話がつながってくると
                      思われます。先日の5市1町の魅力UPシンポジウムでも出ていた話ですよね!

                      実は『アウトソーシング』と『協業(『広域地域による共同化)』はサラリーマン時代に
                      よく提案していた分野なんです。この度の調査と昔の経験を活かして真剣に良い
                      アイデアを考えてみたいと思います。

                      最後に一言
                      残念ながら水と安全は『タダ』なんて時代はとっくに終わりました。
                      安心・安全で安定した水道水を供給するために
                      越谷・松伏水道企業団は走りつづけてくれるはずです。。(^_^)/

                      写真は明石海峡大橋/舞子海上プロムナードです。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
                        TAKU
                      • 台風18号の影響による大雨
                        弥栄町住民
                      • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
                        土佐藩士
                      • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
                        市民ABC
                      • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
                        suzuki
                      • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
                        砂金康彦
                      • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
                        脱藩浪士
                      • 越谷北高校訪問
                        肥田商店

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2478 最後に更新した日:2018/11/15

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM