中学校同級生との会合

0

    中学校の同級生との会合がありました。
    あまり中学生時代には、話す機会がなかったメンバーとの
    会合だったので、とても良い場でした。
    やはり、多い質問は『議員って日頃何をやっているの?』という質問です。
    この問いになるべく素直に答えるべくブログを書き続ける予定です。
    当然書けないことも少なからずはありますが・・・

    継続は力なり!ブログ頑張ります!(^○^)


    よさこい(バーベキュー大会)

    0

      よさこいメンバーとのバーベキュー大会がありました。
      みんな家族づれで参加したので、大人数で大変もりあがりました。
      自治会、子共会とメンバー参加が減ってきている昨今ですが
      このように同じ趣味を持って活動しているメンバーは結構人が
      集まるんですよね!
      ほかにはグラウンドゴルフ、フットサル、将棋や囲碁などもありますよね!

      『地域クラブ活動の活性化』これは一つのキーワード化もしれません!
      バーベキュークラブなんていうのも楽しいかもしれません。



      草取り

      0
        地域の草取りに参加しました。
        これはコスモスフェスタにつかうサツマイモ畑の草取りです。
        本当に暑くて大変でしたが、おいしいサツマイモができると思うと
        気持ちが高鳴りますね!
        ご年配の方の参加が多いのですが
        子供会のメンバーやスポーツ少年団の子どもたちが参加してくれている
        ことがとてもうれしいです。
        この輪をぜひ広げたいですね!

        広げよう地域コミニケーション!

        市民の方々からの要望

        0
          市民の方より公園についての要望をうけ担当部署の方と打ち合わせを実施。
          ここでいう打ち合わせとは、主に事実確認です!
          一言で公園といっても実は法律にかなり縛られている世界があるんです。
          一つ一つ丁寧に課題をひも解いて、地元の方と行政での話し合いをもって
          行政サービスが出来上がって行くんですね!

          私にも数多くのご要望をいただきますが、丁寧に誠意をもって
          対応をしていきます。現場の声が命、これはどこの世界でもいっしょですね!

          しかしその一方で何でも作る(サービス等)時代は終わったというのも事実です。
          新しいものをつくり続ければ、必ず財政は破綻します。
          古いものは見直していく。この動きも同時にすることが重要です。

          新方地区子ども会育成連絡協議会キャンプ

          0
            あいにくの曇り(夕方から雨の予報) 会長の苦渋の決断のうえ
            室内での交流会になりました。小学4年〜6年生のメンバーと
            カレーを作ったり、ゲームをやったり、外を走り回ったりしました。

            なんと25年ぶりくらいに『警泥(けいどろ)』をやりました。地区によっては『泥警(どろけい)』
            とも呼ぶらしいです。

            初めて出会ったメンバーも多いことから初めは、おとなしめでしたが
            子ども同士、すぐに仲良しになり、元気に遊んでいました。
            私も、久しぶりにすり傷をつくってしまうくらい夢中になって警泥をやってしまいました。

            しかし子どもっていうのは本当に宝物ですね!
            この子たちが、安心して暮らしていける、学んでいけるそういう場をぜひ
            つくっていかないといけないですね!


            ジュニアリーダーがゲームを教えている様子
            (本当はもっと楽しそうな笑顔を載せたいとこですが
            個人が特定できるといけないので・・・・)

            埼玉第4区市議会議長研修会

            0
              埼玉第4区市議会議長研修会がありました。

              地域経営を担う議会「住民自治の根幹としての議会改革」という題目で、
              山梨学院大学法学部 江藤俊昭教授に講演をして頂きました。

              この江藤俊昭教授は『議員力のすすめ』という本にも出てくる方で
              一度、講演を聞いてみたかったので、いい機会を頂きました。
              色々な話がありましたが、特に参考になった話を記載しておきます。

              ゝ腸颪砲呂箸鵑任發覆じ限が与えられているということ
                (自治体の法律=条例、予算、決算、主要な計画、執行権にも)
                ⇒なぜ議会に権限を与えるのか?
                 理由「住民の代表機関および議事機関として、多様な目線で議論(修正や発見)や
                   決議できるという特殊な機関だという事」
                   二元代表制として市長(行政)と議論していく議会にしていく必要がある。
                ★議員は自らの権限を意識して活動をすべきことが必要です。

              ∩躪膩弉茲鮗瓦箸靴臣楼莊弍弔必要であること
                現在の市の将来の設計は総合計画(越谷市は総合振興計画)を
                バイブルとして進められている。
                総合計画を軸として地域経営が行われるがゆえに、当然行政計画ではなく、
                団体意志の表明としての計画でなければならない。
                つまり、住民のさまざまな意向を聞きながら、また討議しながらも
                最終的には住民の代表としての議会の議決が必要である。
                それは議会は「公開と討議」の場だからである。
                ※総合計画は、5年や10年などのスパンで作成されることが多い
                (越谷市も同様の期間で作成されている)
                しかしながら、市長の任期である4年・または8年などのスパンで計画、
                実行する事が望ましいとのコメントもありました。
               ★議員は総合計画を熟知し、これを中心とした議論をするべきです。
               =====================
               総合計画の勘所(西寺雅也氏)
               ー存讐椎柔を重視する
               恣意的な事業選択を許さない
               柔軟な総合計画の運用
               ち躪膩弉茲藩住司埓のリンク
               チ躪膕革に財政計画を位置づける
               α躪膩弉茲論策全体を明示し、
                行政が行うことについての市民との約束事
               Ъ鸛蠅稜ごと計画期間の整合性の確保
               =====================
               この 銑Г鮓て、なるほどその通りと感心してしまいました。

               
              5聴活動を明確に
               
              市民はしっかりと見ている、市民と共に歩いていくならば、
               議会報告などは最低でも行うこと。
               どんな活動をしたかということだけではなく、
               その成果が問われることを再認識しました。

              この度の江藤教授の講演、とても勉強になりました。
              市民のための議員活動、そして開かれた議会を目指し、日々取り組んでいきたいと思います。


              ワーカーズ・コレクテイブキッチンとまと

              0
                越谷市空き店舗対策事業補助をうけ『ワーカーズ・コレクテイブキッチンとまと』
                住所:越谷市蒲生東町18−13が立ち上がりました。
                今日はそのプレオープンに参加をさせていただきました。
                商店街の活性化、空き店舗対策は越谷市の課題の一つです、
                これを打破すべく一つの良き例になってくれればうれしいです。(^○^)

                私はITを使った商店街活性化のアイデアをだせればと考えています。

                ワーカーズ・コレクテイブキッチンとまと概要
                ==================================
                ◆設立目的
                可能な限り地場産農作物を使用し、安全・安心な
                弁当を届け、また、女性も男性も高齢になっても
                働き続ける場(仕事)を作る目的がある。
                社会的弱者と言われている人たちへ食事を届け
                るなど非営利活動を行う目的で設立した。
                ◆活動内容
                ●父子家庭、高齢者など食事作りが困難な人たちへの食事配達
                ●地場農作物を使用することで、越谷市の農地保全、自然環境保全などを図る
                ●地域コミュニティーの繋がりを作る(空き店舗対策)
                ワーカーズ・コレクティブとは
                ワーカーズ・コレクティブとは、雇う−雇われるという関係ではなく、
                働く者同士が共同で出資して、それぞれが事業主として対等に働く
                労働者協同組合のことである。欧米では、19 世紀の産業革命の中から生まれた
                ワーカーズ・コレクティブが着実に数を増やしてきた。
                日本でも戦前から、本格的な労働者生産協同組合はあったが、
                その存在が注目されてきたのは1980 年代以降である。高齢者雇用の創出という
                関心から出発して、1987 年に高齢者就労事業団から名称を変更した
                日本労働者協同組合連合会は、ワーカーズ・コレクティブの代表的な存在であり、
                労働者協同組合法案の制定を求める運動をしている。
                このほか、生活協同組合などを中心に、介護や育児など主婦としての経験を生かし
                てコミュニティービジネスを展開するワーカーズ・コレクティブも急速に拡大している。
                ==================================

                行政調査(茅ヶ崎、掛川)

                0

                  7月26日〜27日にかけて行政調査に行ってきました。
                  その内容を報告します。
                  初の行政調査でしたが、この度は『環境』をキーワードとして2つの市を訪問しました。

                  ちなみに、この行政調査というものは下記3回(人によって参加回数は違う)があります。
                  _馭鼻併笋鰐閏臈沺Ε優奪函μ欺蠡阿硫顱砲杷1回・・・この度の行政調査
                  ⊂鑁ぐ儖会(私は教育・環境経済常任委員)で年1回・・10月あたり予定
                  5腸餘娠聴儖会(私は現在、議運の担当ではないため参加はなし)で年1回

                  ■茅ヶ崎市(神奈川県)
                  『市民立太陽光発電所について』
                  これは簡単に説明すると
                  〇毀韻らの寄付と東電からの助成金で太陽光パネルを公共施設に設置する。
                  ⇒松蠹典い稜笋蠑紊欧魎雍發棒僂瀘てる
                  お金がたまったら新しい太陽光パネルを設置する。
                  上記 銑を循環させるということです。
                  これを市民団体とNPOと市が協同で実施しているという取り組みです。
                  まだまだ金銭的には課題があるそうですが、
                  自然エネルギーを利用した素晴らしい取り組みですよね!
                  http://www.i-shimin.net/ren/2010/sikumi11.3.pdf


                  市民団体の方からお話を聞いているところです。

                  屋根にみえるのが設置した太陽光パネルです。

                  ■掛川市(静岡県)
                  『地球温暖化防止の取り組みについて』
                  掛川市は『環境日本一』をスローガンにあげて市全体でエコに取り組んでいる自治体です。
                  ごみの削減、太陽光パネル設置件数増加、レジ袋削減など多くの分野に力を入れています。
                  太陽光の補助金は越谷より低いのに、設置数は越谷より多い状況です。
                  市民の意識が、きっとそういう行動につながっているのでしょう!
                  また掛川市では、市と企業と市民が協働するということに力をいれています。
                  かけがわSTOP温暖化パートナーシップ協定というものを作り、地元企業と協定を結びながら
                  エコを進めています。だいたいの自治体は『認定』というくくりで終わってしまうのに
                  『協定』まで進めているところが、一味違います!
                  http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/sizen/ondan/index.html


                  上の写真二枚は掛川市役所です。斬新的なつくりですね!

                  これは掛川城です。帰るまえにバスで前を通ってもらいました。
                  個人旅行であれば、正直中に入ってみたかったです・・・・

                  学んだこと
                  環境という取り組みについては下記でしょうか?
                    ・市長(行政/自治体含む)の協力なリーダシップが必要である
                    ・市民の積極的な参加が必要である
                    ・こういう取り組みが増えると脱原発が見えてくる
                  残念ながら、この度の行政調査では議員がどのように環境への取り組みに
                  かかわっているかはわかりませんでしたが、積極的に議員が動いていることは
                  間違いありません。私も一生懸命勉強したいと思います。
                  また行政調査の良いところは、越谷市と他の市を比較することによって
                  越谷の進んでいるところ、不足しているところが見えてくることです。
                  その辺もぜひとも今後の活動に活かしていきたいと思います。
                  ※調査が無駄にならないためには、しっかりと事前学習をしてから調査にのぞむことが
                   重要です。私も越谷市の『越谷市地球温暖化対策実行計画(概要版/詳細版)』を
                   しっかりと読んでから参加をしたおかげて、よりよい調査になったと感じています。


                  民主党政策研修会

                  0
                    第二次補正予算について講義を受けました。


                    講義の内容の前に基本知識です。
                    ======================
                    5月 2日 第一次補正予算 約4兆円 成立
                    7月25日(本日) 第二次補正予算 約2兆円 成立
                     ======================

                    予算のメインとなった2つの省についての予算について話がありました。

                    〃从兒唆半
                     『原子力損害賠償への対応』
                      
                    ・原子力損害賠償支援機構の設立 70億円
                      ・損害賠償実施のための交付国債発行及び償還財源手当 200億円
                      ・原子力被災者・子ども健康基金 782億円
                      ・風評被害対応 20億円
                     『2重ローン問題』
                      
                    ・中小企業再生支援協議会の体制強化・機構設立支援 31億円
                      ・再生企業に対する利子補給 184億円
                      ・再チャレンジ向けの日本政策金融公庫融資 10億円
                      ・中小企業基盤整備機構による仮工場・仮説店舗整備事業 215億円
                      ・地域の中核的な中小企業等のグループの施設復旧・整備への支援 100億円
                     
                    ∧孤科学省『放射能から子どもを守る』
                     『原子力損害賠償法関係』
                      
                    ・原子力損害賠償補償契約に基づく補償金 1,200億円
                      ・補償金の支払いに関する業務委託費    3億円
                      ・迅速な紛争解決を図るための体制整備に係る経費 10億円
                     『福島県及び全国における環境モニタリングの強化』
                      
                    ・「ふくしまの子どもたちを守る取り組みに関する緊急要望」等関連 110億円
                      ・モニタリング調整会議の計画等に基づく放射線測定の強化関連 125億円
                     『福島県外も含めた校庭等の放射線低減事業 45億円 

                     ⇒第一次補正は復旧作業(がれき処理)そのものについての予算だったが
                      第二次補正は、賠償関連、モニタリングがメインとなっております。
                      その他まだまだ困っていることがあるはず、第三次補正も早急に成立することを
                      国会議員の方々にぜひともお願いいたします。

                    4超省『がれき処理の進捗状況』
                     ・岩手・宮城・福島のがれきの処理状況の説明
                      
                    これはあくまで仮置場への移動であるが、福島以外はある程度めどが立ち始めて
                      きたとの説明があった。
                     ・東日本大震災により生じた廃棄物の処理の特例に関する法律案について
                      
                    簡単に説明すると国が被害を受けた市町村に代わって災害廃棄物を処理できる
                      というものである。
                     
                     放射能に汚染されたがれきの処理も今後大きな問題になってくることは
                     目に見えています。越谷でも早急な対策/対応を検討することが必要です。


                    企画(プライベート1)・・7月15日〜25日

                    0
                      一気に更新しました。
                      正直言ってほとんど減っていません。
                      減っていないというより徐々に増えています・・・・
                      明日26日〜27日まで行政調査のため不在ですので
                      またいったん休みます。
                      崖っぷちなのでかなりの追い込みが必要です。


                      7月25日
                      ==================
                      体重 79.0キロ(前日比較+0.5)
                      体脂肪 29.7パーセント(前日比較▲2.7)
                      ================== 

                      7月24日
                      ==================
                      体重 78.5キロ(前日比較 0)
                      体脂肪 32.4パーセント(前日比較▲0.3)
                      ================== 

                      7月23日
                      ==================
                      体重 78.5キロ(前日比較 0)
                      体脂肪 32.7パーセント(前日比較+1.3)
                      ================== 

                      7月22日
                      ==================
                      体重 78.8キロ(前回比較 0)
                      体脂肪 31.4パーセント(前回比較+2.1)
                      ================== 

                      7月19日〜21日
                      被災地へボランティアのため計測せず

                      7月18日
                      ==================
                      体重 78.8キロ(前日比較+0.3)
                      体脂肪 29.3パーセント(前日比較▲2.5)
                      ================== 

                      7月17日
                      ==================
                      体重 78.5キロ(前日比較▲0.3)
                      体脂肪 31.8パーセント(前日比較+1.1)
                      ================== 

                      7月16日
                      ==================
                      体重 78.8キロ(前日比較+0.3)
                      体脂肪 30.7パーセント(前日比較+0.9)
                      ================== 

                      7月15日
                      ==================
                      体重 78.5キロ(前日比較▲0.3)
                      体脂肪 29.8パーセント(前日比較+1.0)
                      ================== 

                      目標 9月10日 
                      体重 68.0キロ
                      体脂肪 20.0パーセント



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 3中学サッカー部 フットサル大会&懇親会
                        TAKU
                      • 台風18号の影響による大雨
                        弥栄町住民
                      • 【第244回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷レイクタウン駅北口)
                        土佐藩士
                      • 花火大会準備作業(駐車場案内)&市民まつり準備作業(協賛金依頼文封入作業)
                        市民ABC
                      • サッカーの合宿(小学生編)7月31日〜8月3日
                        suzuki
                      • 越谷青年会議所例会「いま障害者雇用を考える”共に働く”まちづくりに向けて!」開催
                        砂金康彦
                      • 【第115回】 駅頭・街頭活動 朝の駅頭(越谷駅西口)
                        脱藩浪士
                      • 越谷北高校訪問
                        肥田商店

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2597 最後に更新した日:2019/03/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM